読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕焼けと星空と街灯と

趣味のこと、生活のこと、仕事のこと。日々のことをなんやかんやと。

入籍したので携帯を格安SIMの家族プランにする前篇

お久しぶりです。

ホワイトな職場に転職したはずがクッッッッソ忙しい案件に放り込まれるという貧乏くじを引いた期待の成長株と見込まれた為、ヒーヒー言っておりました。

 

そんでもってその間にと言いますかつい先日、入籍をしました

とは言え、1年ぐらい前から一緒に暮らしていたので自分的にはあまり変化もなく、強いて言えばとっさに利き手の左手で机のゴミとか払おうとすると指先から金属音がするようになったぐらいの違和感があるぐらいです。

指輪って慣れないねー……。

 

そんな惚気だか自慢だかわからない話はさておきとして、無事家族に慣れたので、携帯電話もファミリープラン的なやつにしようぜ、ということになりまして。

 

現状、自分がソフトバンク、妻がドコモという感じでお互い月1万ずつぐらい出てるのですよね。お互いiPhone6ユーザーなのもあってじゃあiPhone7にするかーともなり、ソフトバンク側に合わせるかはたまたドコモ側に合わせるかって考えたのですが……どっちもビミョーな感じになり、だったらいっそ今流行りの(?)格安SIMことMVNO回線に変更しようじゃないかということにしました。

 

前提条件

我が家の場合の前提条件は下記の通り

・自分はソフトバンクユーザーでMNPする

・妻はドコモユーザーでMNPする

・機種はiPhone6→iPhone7に変更する

・変更先はIIJmioのファミリーシェアプラン

 ※通話+SMS+10GBを二人で分け合うプラン

www.iijmio.jp

 

メリット

・維持費が安い

 ざっくり試算で2人で2年間で48万→32万ぐらいになる見込み。

・2年縛り等に縛られなくなる 

・上記に伴い長く同じスマホを使うこともできる

 

デメリット

・キャリアメール使えなくなる

・各キャリアがやっているサービス、サポートほぼ一切なし

・機種によってはOS更新などで突然対応できなくなる可能性がある

 

すげーな!デメリットめっちゃ多いな!って感じなんだけども、携帯代の維持費が大幅に下がるのは本当に魅力的で、自分で解決できるから余計なものいらんわーって人にはオススメ。

事前準備

じゃあ早速色々と準備が必要だぞということで進めていく。

 

①本体の準備

いわゆるSIMフリー端末でなければ動作しないので、今回はAppleオンラインストアにてiPhone7を2台購入。キャリアで購入する場合は、分割だったり値引きだったりで頭金0になるけれど、ここだけは一括で購入する必要があるので覚悟を決める。

www.apple.com

 

②キャリアメールに変わるものを準備する

~~~@docomo.ne.jp等のキャリアメールが今後使用できなくなるので、代替えになるものを用意する必要がある。基本的にはLINEとかSMSとかiPhoneユーザ同士ならiMessageとかあるのだけども、念のため用意はしておくべきところ。

色々と調べた結果、iPhoneユーザなら@icloud.comをメールアプリに設定してあげるのが無難、という結論に落ち着いた。

Gmailでも良いとは思うんだけど、その場合、iPhone標準のメールではプッシュ通知に非対応、Gmailアプリならプッシュ通知可能だけど、元々使っているアカウントを使うと他のメールに埋没する可能性が非常に高い。かと言ってキャリアメールのみプッシュ通知させることも不可能、という感じであった。

その点、自分の場合、icloud.comメールは今まで使っていなかった事と標準のメールアプリに対応しているのが大きく、これが一番面倒くさくない方法だなと言うことに至る。

www.teach-me.biz

 ③準備したアドレスの周知

 アドレスを準備したら周知をしないといけない、のだけどキャリアメールが使えなくなってから展開するのはちょいとばかり面倒なことになるぞ、ということで事前に周知をする。その際にGroupMailなるアプリを使用し、何十人に同じメールを送ることにする。ソフトバンクなんかはメアド変更通知系のサービスがなさそうだったり、同時に送る数に制限があるようで、このアプリを使えばそのあたりを回避できつつ楽に複数送信ができる。

あと周知だけでなく、各種サービスのアカウントにキャリアメールを使ってる人はそちらも事前に変えておくこと。ありがちなのは、LINEとかモバゲーとかね。

nasimeyablog.com

 

④名義を変更する

さあいよいよMNP予約番号を取るぞ、と思いきやここで落とし穴が。

IIJmioのHPにてファミリープランへMNPする方法を確認していたところ、こんな文言が。

IIJmioのご登録名義と、MNP転入を行う回線名義はすべて同一である必要があります。名義が異なる回線がある場合は、本サービスをお申し込み前にご利用の携帯電話会社側で名義変更を行ってからお申し込みください。

www.iijmio.jp

 

つまりこれ、現状、自分と妻それぞれの名義のままだとNGなのでは?という。

これを回避するためには妻の契約を自分名義に変更する必要がある、ということでドコモショップへレッツラゴー。

 

・記入済みの名義変更の委任状

・名義を譲る側(今回は妻)の身分証明書

・名義を貰う側(今回は自分)の身分証明書

・名義を貰う側(今回は自分)のキャッシュカード

・住民票

 

この辺のものを持ってドコモショップへ行き、待つこと1時間。

 

書類的には名義変更可能なので問題ない、のだが更に落とし穴。名義変更をすると今まで使っていたdアカウントが使用できなくなる模様。そのdアカウントがキャリアメールになっていることが多いらしく、解決をするには一旦dアカウント+キャリアメールを別のものにする→名義変更する→dアカウント+キャリアメールを前のものに再変更する、という手順を踏まないといけないようです。ここ数年ドコモ使ってなかったからアレだけどくっそ面倒くさい仕様になってるのね……。

その辺については妻に電話で事情を説明して変更してもらい名義も無事に変更。ちなみに今回の場合、妻が旧姓で契約していたので、自分と家族関係であることを示す書類がないと名義変更の手数料が無料にならないので注意が必要です。家族間なら無料、第三者への譲渡の場合は手数料が掛かるんだそうです。

 

MNP予約番号を取得する

ということでやっとこさMNP転出手続きをする。

ソフトバンクの場合は、電話で申し込み→ショートメールで予約番号が届くってことができるのでそれにて申し込み。どこのキャリア・機種にするのかとか色々と根掘り葉掘り聞いてきたり、引き留めようとするがそこは意思を強く持って無視をして下さい

 

一方ドコモの方はマイドコモにて予約番号を取れるようなのでそっちで取得。電話でも良かったんですが、自分がちゃんと契約内容把握できていないものでオペレーターとやりとりすると面倒くさそうだったので今回はWeb申し込み。SBとの対応で疲れたのもある。

smaho-kyokasho.com

 

IIJmioと契約

ということでやっとこさ、IIJmioへ申し込みをする段階へ。

IIJmioは基本店舗を持っていないようで、Webから申し込みをする形になる。申し込みページからパッケージ無し、ファミリーシェアプラン、音声通話機能付きSIM、SIMのみ購入、nanoSIMという形で選択していく。プランを選択し、本人情報やMNP予約番号等必要なものを入力、その後身分証明書のアップロードを求められるので、免許証等をスマホで写真撮ってアップロードしてあげればOK。大体1~2日程度で本人確認が終わり、これからSIMカード送るでーって連絡が来るようです。

 

今回はここまで

ということで実は現状本人確認終わったよ―ってところまでしか来ていないので、その後のSIM受取りからiPhoneのセットアップ関係についてはまた後日まとめようと思います。もはや誰向けの備忘録なのかよくわからないので、これ見てやってみよう!って思う人がいるのか怪しいけれども、そんなのもあるのねーって思ってみてくれたらいいな。